痛いけれど人気

車のキー

好きなアニメやキャラクターがデザインされ、見るに絶えない痛々しい車のことを「痛車」といいます。基本的にはイタリア車やスポーツカーなど、高級車を痛々しくデザインしていましたが、最近では痛車の普及によりコンパクトカーや軽自動車でも痛車デザインが施されています。中にはトラックを痛車に改造して常用している人もいます。スピーカーやライトなどを備え付け、アニメの音楽やそのキャラクターのテーマソングなどを流す場合もあります。改造車自体に規制はありませんが、近所迷惑や規定の大きさを超える改造などは法律で禁止されているので注意が必要です。

痛車のほとんどがある特定のキャラクターや人物を車全体に記載しそのキャラクターの世界観を表現します。アニメのタイトルやロゴを載せたり、そのキャラクターの名前を掲載する人もいます。複数のキャラクターやアニメをひとつの車にデザインする人はほとんどいません。そのため、多くの人がいわゆる「嫁」と呼ばれるお気に入りのキャラクターをデザインしています。アニメファンが一同に集まるイベントに痛車で出向くことが一種のステータスになっており、互いの痛車を褒め合い、競い合う光景もめずらしくありません。日頃から街中で痛車を乗りこなす人もいれば、そういったイベント時にのみカスタマイズし楽しむ人もいます。

自分の愛車を痛車にカスタマイズするには専用のフィルムを貼り付けます。もともとデザインされているフィルムを貼り付ける方法と、自らイラストを施しそれをフィルム化し貼り付ける方法があります。豊富なデザインがあるので、自分好みのデザインや好きなキャラクターのイラストがきっとみつかるといえます。痛車は昔に比べると知名度が格段と上がったため、オタクではない一般の人からも人気を集めています。アニメの普及の影響も考えられますが、痛車はかっこいいといった認知度が広まったことも要因だといえます。自分の愛車を痛車にカスタマイズしたいと考えている人は、まずはどのキャラクターを施すか考えることが適切です。